ガラス修理と細かなキズの関連性【原因を知れば対処が早くなる】

ガラスにキズがついてしまう理由

ガラスは、表面にできる小さなキズが原因でもろくなり、割れてしまいます。そんな小さなキズが出来る原因について説明しましょう。

主な破損の原因

経年劣化
ガラスは長年使い続けていると、経年劣化をおこします。経年劣化によって小さなキズが生じ、そのキズがあちこちにできるとガラスの強度は著しく下がります。そして、限界をむかえた時に軽い衝撃で割れてしまいます。
温度の変化
網入りガラスを使っているときは、温度差で割れてしまうことがあります。夏場は高温で熱され、夜になって急に冷えることで内部の網が伸びた状態から急激に縮み、その影響でガラスが割れることがあります。
飛来物
意外と多いのが、飛来物との衝撃による破損です。ボールや小石、濡れた洗濯物あるいは鳥などがガラスに衝突すると破損する可能性があります。前述した経年劣化で破損するときも飛来物が影響し、小さな小石1つで粉々に割れてしまうということも十分ありえます。

ガラス修理と一緒にビートも交換しましょう

経年劣化によってもろくなったガラスをガラス修理業者に依頼して交換してもらうのなら、一緒にビートも交換しましょう。ビートとは、窓のサッシとガラスをくっつけるのに必要なゴムのことであり、ビートでガラスをおさえています。ビートは経年劣化で弾力性がなくなり伸縮性も消えるため、脆くなっていきます。また、その影響でガラスとサッシに隙間ができて雨水が隙間から侵入してくることもあります。そのため、ビートの劣化は家に深刻なダメージを与えることにつながってしまいます。よって、ガラス修理のときはビートも一緒に交換しましょう。なお、ビートの交換作業は素人が行おうとすると極めて困難です。ガラス修理及びビート交換はガラス修理業者に依頼しましょう。

TOPボタン