ガラス修理の手間をなくすには、事前の対策が役立ちます

ガラスにキズを付けない対策方法

ガラスは経年劣化や日常生活の中で簡単にキズつきますが、メンテナンスと工夫次第で、そのリスクは減らすことが可能です。

保護フィルムがおすすめ

ガラス修理で窓ガラスを新調したのなら、保護フィルムを貼りましょう。保護フィルムはその名の通り窓ガラスを保護するフィルムであり、小石やチリ、ホコリ等による細かなキズから窓ガラスを守ることができます。

断熱効果にも期待ができる

glass

保護フィルムには断熱効果があるものもあるので冬は暖かく、夏は涼しくなりやすいのも特徴です。他にも、フィルムを貼ることで、万一割れてしまったときも破片がほとんど飛び散らなくなることもメリットといえます。

キズがつく前にフィルムを貼るのが鉄則

作業員

フィルムは窓が新しいうちに貼らなければ小さなキズが残ったまま保護してしまうことになります。小さなキズがあると、そのままそのキズが破損の原因になることもあります。よって、フィルムを貼る前に、小さなキズをガラス修理業者に依頼して修理してもらったほうが良いかもしれません。

知恵袋!自分でも簡単にできるメンテナンス方法

歯磨き粉は万能なアイテム

ガラスの細かなキズを消す方法として、研磨剤を用いるという方法があります。しかし、キズ消しのためにわざわざ研磨剤を探して購入する必要はありません。実は、どこの家庭にもある歯磨き粉が研磨剤の代わりになり、汚れとともに小さなキズを消すことができます。歯磨き粉には研磨剤が含まれているので優しくキズをこすることでキズ消しを行うことができるのです。ガラス掃除の際に細かなキズを見かけたら、歯磨き粉を使ってみましょう。

窓ガラスを磨くのってけっこう面倒なのですが、年に1回くらいじゃダメですか?
ガラス掃除などの窓のメンテナンスは、できるだけこまめに行うことが推奨されています。きちんとしたメンテナンスを行うことで、家の景観は良くなり、ガラスの耐久性も維持されます。また、ガラス窓を磨いてきれいにすることで汚れによる光の遮りを解消し、家の中に十分な日光を与えることができます。さらに、ガラスの表面の汚れによりカーテンが汚れることが少なくなるというメリットもあります。定期的な窓拭きをオススメします。

TOPボタン